愛人募集掲示板で私の生活を助けてくれる、そんなお金持ちの男性を探すために活動を開始。
やっぱりというか、思ってた通り反応を得ることができました。
愛人を探すような男性と言うのはインターネット上にはたくさんいるようで、複数の人からメールを受け取ることに成功しました。
やっぱりこの瞬間ってかなり嬉しい気分になってしまうものですね。
パパ募集の書き込みに対してどんな内容がメールに書かれているのか、開封してワクワクしながら確認をしていきました。
10万円ぐらいで月4回のセックス、こういう話は随分とありました。
だけど1人だけで10万円以上の支払いをすることができる、このように書いてきてくれた男性がいて、この男性のメールには食いついてしまったんです。
30分程度の面接をしたい、そう言ってきて彼に会ってみることにしました。
私の仕事が終わってから、とある駅の近くのカフェで待ち合わせになりました。
少し遅れてやってきたその男性に挨拶をされて、お喋りをすることになりました。
彼の条件もひと月に4回程度関係を楽しむこと、それで50万円ぐらいは支払うことができると言うのです。
その条件で十分だって思っていたときの事でした。
「すまないが、今決済しなければならない状況なんだが5万円がどうしても足りないんだ。
貸してくれたら2週間後に50万円で返済するから、貸してもらえないだろうか?」
いきなりこんな事言われてしまったんです。
もちろん思いっきり迷ってしまったんだけど、これから関係を考えると今ここで彼にお金を貸した方が特に決まっています。

丁度財布の中にそのぐらいの金額が入っていた事もあって、その場で彼に5万円を渡してしまったのです。
後からとっても後悔することになるのですが、何でしっかりと考えなかったのか、この時はそんなことすら考えることができていませんでした。